運転免許停止処分者講習

免許停止処分者講習
運転免許停止処分者講習とは、運転免許の停止処分(免停)を受けた方が任意で受講することが出来る講習のことで、この講習を受けることによって免許停止期間が短縮されます。


運転免許の停止処分は「30〜180日」の間で、この停止期間によって「短期講習・中期講習・長期講習」に振り分けられ、「短縮される日数・講習時間・講習料金」が異なります。


運転免許停止処分者講習は任意の講習ですので、受講するかどうかは本人次第です。受講しなければ免許停止期間の短縮が受けられないだけです。


運転免許の停止処分を受ければ、当然その期間は運転できず、免許停止処分中に運転した場合は無免許運転となり、運転免許取り消し、最低1年間、運転免許を取得できなくなりますので注意しましょう! 


 運転免許停止処分者講習の「短縮日数・講習時間・講習料金」



運転免許停止処分者講習
講習区分 停止期間 短縮日数 講習時間 講習料金
短期講習 30日 20〜29日 1日
(6時間)
13,200円
中期講習 60日 24〜30日 2日間連続
(10時間)
22,000円
長期講習 90日 35〜45日 2日間連続
(12時間)
26,400円
120日 40〜60日
150日 50〜70日
180日 60〜80日


 短縮日数



「停止期間・講習の考査成績」によって短縮日数が決まり、運転免許停止処分者講習を受けた日から停止期間が始まります。


 講習時間



講習時間は以下の通りとなっています。


・短期講習・・・「1日(6時間)」
・中期講習・・・「2日間連続(10時間)」
・長期講習・・・「2日間連続(12時間)」


2日連続の講習で、土日祝日等が挟む場合は、翌日となります。


 講習料金(手数料)



講習料金(手数料)は下記の通りとなっています。


・短期講習・・・「13,200円」
・中期講習・・・「22,000円」
・長期講習・・・「26,400円」


 必要書類等



・運転免許停止処分書
・受講申請書(運転免許センター等にあります)
・講習手数料
・印鑑(認印可)
・筆記用具
・眼鏡、補聴器等(必要な方)
・運転できる服装



スポンサードリンク