スポンサードリンク

自動車保険の賢い選び方


運転免許を取得し、車を購入すれば必要となってくるのが「自動車保険」です。


自動車保険には車を公道で走らせるために必ず加入しなければならない「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」と、車の所有者が任意に加入する「自動車任意保険」があり、通常、自動車保険といえば「自動車任意保険」のことを指します。


強制保険である自賠責保険では「事故を起こした本人・自動車などの物」は補償対象外で、人身事故で他人に「ケガ・障害・死亡」を負わせた場合にしか補償されず、また補償額も


・死亡:3,000万円
・後遺障害:4,000万円
・傷害:120万円


と、最低限の補償となっていますので、自動車任意保険に加入することが一般的となっており、事実、「自動車任意保険(対人賠償保険)の加入率は70?80%」となっています。


近年では自動車事故で他人を死亡させてしまった場合、被害者の年齢や職業などによっても異なりますが1億円を超える損害賠償は珍しくなく、2億円を超えることもありますので、自分を守ることはもちろん、事故相手(被害者)に十分な補償を受けてもらうためにも自動車任意保険に加入することが常識となっているのです。


 自動車保険はどこがいい?



日本では20を超える保険会社が自動車保険を扱っていますが、自動車保険に加入することとなった場合、どこの保険会社が良いのでしょうか?


昔は保険会社によって、「補償内容・保険料」等はほとんど変わりませんでしたが、近年では被保険自動車(契約自動車)を運転するドライバーの条件等によって細かく保険料を設定する「リスク細分型自動車保険」を各社が扱うようになってきましたので、同じ条件でも保険料に大きく差が出るようになっています。


また保険料だけでなく各保険会社によってさまざまな「無料サービス(車両トラブル無料サービス・レッカーサービス・緊急時の宿泊費、帰宅費サポートなど)」を提供し、顧客を獲得しようとしていますので、人それぞれ満足度の高い自動車保険は必ず異なるのです。


そこで自分にとって最適で、かつ保険料の安い、評判の良い自動車保険はどこなのか?を探さなければなりませんが、わざわざ1つ1つ保険会社のHPにいったり、電話したりして見積もりを依頼していては面倒くさくて仕方ありません。


そこでオススメなのが「自動車保険一括見積サイト」です。


自動車保険一括見積もりサイトでは、「一度の入力で複数の自動車保険会社の見積もりを無料」で取り寄せることができますので、忙しい方、面倒くさがりの方でも時間をかけずに自分に最適で、安い自動車保険を探すことができるのです!


 オススメ自動車保険一括見積もりサイト



■保険の窓口「インズウェブ」


保険の窓口「インズウェブ」では、一度の入力で、「ソニー損保・チューリッヒ・三井ダイレクト」など、「最大20社」の自動車保険の見積もりを無料で取り寄せることが可能で、いまなら見積を取った方全員にマックカード(500円分)プレゼント中です!


?参加保険会社?


・あいおいニッセイ同和
・アクサダイレクト
・イーデザイン損保
・エース保険
・AIU
・SBI損保
・共栄火災
・セコム損保
・ゼネラリ
・ソニー損保
・そんぽ24
・損保ジャパン日本興亜
・チューリッヒ
・東京海上日動
・富士火災
・三井ダイレクト
・三井住友海上
・朝日火災海上保険
・日新火災
・セゾン自動車火災


自動車保険見積もりで全員に500円マックカードプレゼント!







スポンサードリンク